読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さけとばろぐ

ライフログやお絵かきのことなど なんでも雑多に

2017年のジブン手帳bizをこんな感じで使ってます

ライフログ

saketobaaa.hateblo.jp

この記事でも書いたが、2017年の手帳はジブン手帳bizにした。

ジブン手帳Biz - ジブン手帳2017│コクヨ ステーショナリー

11月28日から使い始めて、今のところ毎日記録は続いている。
使い方もだいぶ定まってきたので、私なりのジブン手帳bizの使い方を書こうと思う。

手帳の中身

f:id:saketobaaa:20170112162312j:plain

ほぼ日カズンを使っていた時と同じカバー。ジブン手帳のみでは厚さが足りないため、一緒にコクヨの方眼ノート(A5 80枚)を綴じている。それでもほぼ日カズン単体よりも少しスリム。

f:id:saketobaaa:20170112162817j:plain

キャンパスノート方眼罫|大人キャンパスシリーズ|商品情報|コクヨ ステーショナリー

ジブン手帳の方には生活の記録を書き込み、ノートにはその時考えたことやメモしておきたいことなどを乱雑に書くというスタイルだ。

ペンはフリクションボール3の0.38とフリクションカラーズ(睡眠時間の囲い用)を使用。

f:id:saketobaaa:20170112162834j:plain

黒は普通の書き込み、青は仕事、赤は最重要(でもほとんど使わない。もはや彩り用となっている)と色分けしている。

年間プロジェクト

f:id:saketobaaa:20170112163043j:plain

365日貯金用に1〜365までの数字を書き込んでおり、貯金箱に入れた額を赤丸で囲っている。
この数字を書く手間を考えたら、365日貯金用シートをプリントして貼り付ければよかったなとちょっと後悔。

ガントチャート

f:id:saketobaaa:20170112163151j:plain

実際のものはモザイクだらけになるので、こちらは新しく書き起こしたもの。

欄の上の方からその月の仕事の進行スケジュールを、下の方から記録をつけたいものや習慣にしたいことのチェックを記入している。

f:id:saketobaaa:20170112163229j:plain

仕事は案件毎に欄を変える。同時に進んでいる案件の提出期日が一気に確認できてとても便利。

f:id:saketobaaa:20170112163254j:plain

習慣などの記録は、体重は「○○.○」と、実行できたものには斜線を入れている。1日に2回、3回と行ったものは斜線の数が増えていく。

月間スケジュール(マンスリー)

f:id:saketobaaa:20170112163351j:plain

ここはオーソドックスに予定を書き込む使い方をしているのでスケジュールの中身は割愛。
サイドのTodo欄には、その月にやるべきタスクを書き込んでいる。もうすぐ確定申告の準備しなきゃ・・・めんどい・・・

週間バーチカル

f:id:saketobaaa:20170112164314j:plain

月間スケジュール同様、サイドのTodo欄には、その週にやるべきタスクを書き込んでいる。

全体はこちら。

f:id:saketobaaa:20170112163517j:plain

一番使用頻度が高くて個性の出る週間バーチカルページだが、私はそんなに変わった使い方はしてない。

①:その日のタスク

サイドのタスク一覧から選んだり、突発的なタスクを書いたりと、その日にやるべきタスクを書き出している。

②:1日の行動記録

1日どのように過ごしていたかの行動記録。
まとまった時間は矢印で記し、それ以外の単発の用事は適当に書き込んでいる。

③:プチ家計簿

その日の買い物の金額を書いている。
書いているのは食費・日用品・外食など家計の出費のみ。何を買ったかなど詳細は書いていないが、一応項目毎に書き出し、計算している。
1週間分の合計金額は、サイドのTodo欄の余ったところに書いている。

f:id:saketobaaa:20170112164403j:plain

④:プチ日記

その日あったことや行った場所、買ったもの、仕事のことなどなんでも一言書いている。
3行しかないため多くは書けないが、書き忘れても目立たないおかげで気楽に書き続けることができている。

⑤:その日のご飯の記録

朝昼晩のご飯を書き込んでいる。
全体的に、朝か昼を抜いている日が多いので反省。

付箋でその日の振り返り

f:id:saketobaaa:20170112164429j:plain

最近はじめたことだが、毎日の「良かったこと」「改善したいこと」「疑問点・気になること」を付箋に書き込んで貼り付けている。
KPT法にならって「KPT」と項目を作っているが、もとの意味を完全に無視して書いてる・・・
最近は単純に「○」「×」「?」の記号で項目を作って書いている。

最初はプチ日記欄でこの使い方をしようかと思ってたけど、とても収まりきらなかった。
ノートの方に書いていこうかとも迷ったが、頻繁に開くのはジブン手帳の週間バーチカルページだし、こういった日々の振り返りは目につきやすいところにある方が意識できるだろうと思い、とりあえず今の付箋スタイルでやっていくことに。

この辺は今後更に模索していくことになりそう。

さいごに

ジブン手帳は、はじめからフォーマットがある程度決められているのがとてもありがたい。
毎日数分あれば書きこみが完了するので、忙しくても記録を続けることができている。

今後も色々と使い方は変化するかもだが、ずっと使い続けられそう!とホントに思える手帳だ。

あと、使い始めて分かったがジブン手帳bizのMIOペーパーがとても良い。トモエリバーのくしゃくしゃした感じも好きだったが、下敷きをしないと裏へ盛大に跡が出る点が気になっていた(あと裏抜けも少し・・・)。

その点MIOは少し厚みのある紙なので、下敷きをしなくても跡が気にならないし、裏抜けもほとんどない(※フリクションジェットストリームでしか試したことないけど)。bizがMIOペーパーな限りずっとこれ使い続けてもいいかも・・・とさえ思える。

 

話が逸れたが、私のジブン手帳の使い方はこんな感じだ。
引き続き活用方法を模索しながら1年書き続けようと思う。

それではみなさんもよい手帳ライフを。

2017年にやりたいことをリストアップする

雑記

あけましておめでとうございます。昨年は当ブログを閲覧してくださって、本当にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年のスタートはなかなかインパクトのあるものだった。義実家に持って帰っていたMac Bookの調子が悪くなりいきなり初期化されるというハプニングに見舞われた。データは無事だったものの、アプリや設定はものの見事に消えてくれたため、正月早々泣く泣く復元にあたった。

だがおみくじは大吉だったし、祖父母にお土産のクッキーを持っていったらタラバガニとトレードしてくれたし、義実家では毎日ご馳走だし、おかげで体重が1.5kg増えたしでなんだかんだいいスタートを切れているような気がする(?)。

今日は、2017年に私自身何をやりたいのか、どう成長したいのか、どんな仕事がしたいのか、リストアップして1年の目標としたいと思う。

仕事のこと

紙媒体の仕事を増やす

2016年に発注いただいたお仕事は、ソーシャルゲームのキャラクターやカードイラストが圧倒的に多かった。が、初めて書籍の挿絵・TCGトレーディングカードゲーム)のお仕事もできた年でもあった。

紙媒体のお仕事への憧れは、この仕事をはじめた頃から少なからずあった。自分の描いたイラストがリアルな商品になり、自分の手元に、消費者の手元に残る。ソーシャルゲームのお仕事では味わえない良さがあった。

そのきっかけを2016年に掴むことができたため、2017年は引き続き書籍やTCGのお仕事をいただけるよう、目の前のお仕事を全力で取り組んでいきたい。

ひと月の目標額を安定して稼げるようになる

10月に会社を辞めてから仕事が1件しかない月もあったりして、どうしようどうしようと焦っていた。 が、その後継続してお仕事をいただけるようになったり、新しくお声がかかったりと少しずつお仕事をいただけるようになってきた。

それでもまだまだ心もとないので、目標額を設定して、その額を安定して稼げるようになろうと思う。

Webデザイナーとしてスキルアップをする

12月半ばから、中小IT系企業に週3日パートに行っている。職種はWebデザイナー。前の会社にいた頃と同じ業務に就くことができた。(この辺のこともおいおい書きたい)

業務内容は以前とそう変わりはないのだけれど、会社が変わればレベルも変わる。まだ本格的にプロジェクトに関わっているわけではないのだが、周りの様子を見ていてもWordPressPHPの知識、よりUXを意識したデザイン制作力、ライティング力やコーディングスピードなど、とにかく広くWebの知識を求められそうだ。 ぬるま湯に使って一通りのデザインと最低限のコーディングができればよかった時とは違う。

幸い、社員のスキルアップにはどんどん力を貸してくれる社風のようなので、(まわりにデザイナーの先輩がいないのは辛いが)パートの時間を使ってWebデザイナーとしてスキルアップをはかっていこうと思う。

今年は特にライティングとWordPressの習得に力を入れたい。

自分のこと

好きなことを掘り下げる

自分の好きなもの、好きなこと、色々あったはずなのに、今は少し自信がなく曖昧になってしまっている。

本、映画、Webサービス、身の回りのこと。少しずつ書き留めていき、自分の好きなことをどんどん掘り下げていき、血肉にしたい。

記録をつける

考えていることや感じたこと、絶対に忘れないと思ったことでも、人間という生き物はかんたんに忘れてしまう。去年何をしていた?何を考えていた?何を読んで、何を描いていた?私はどんどん忘れていってしまう。

思い出せないことが年々増えるにつれ、胸の中のもやもやが大きくなっていく。今年一年はこんなことがあった、あんなことで悩んでいた、こんなことをひらめいていた。そんなことを、今年はジブン手帳とノートを使ってできるだけメモし、残していきたい。

家庭のこと

お金の使い方を見直して貯金を増やす

会社を辞めてから、国保やら住民税やらで思った以上の出費が重なった(退職金も結局出なかったしな)。月によっては10万近く税金で持って行かれる。やばい。もちろん貯金はみるみるうちに減る。かなりやばい。

今月からは少しマシになる予定だけれど、これをきっかけに毎月の食費や光熱費などの各出費を見直し、少しでも貯金にまわせるようにしていきたい。

365日貯金をする

結婚した当時に一度実践していたんだけど、いつの間にか忘れてしまって貯金箱にお金を入れなくなった。その当時でも1万近く貯金をできていたので、今年は忘れず無理なく貯金をしていきたい。目指せ66,795円!

子供を作る準備をする

今年、私は26歳、夫は27歳になる。結婚して3年目に突入し、時期的にはそろそろ第一子を考えてもいいタイミングだ。

もちろん、金銭面、私の仕事の不安定さ、そもそも今の私たちで子どもを育てられるのか・・・と様々な不安はあるけれど、そういった不安や課題をクリアする方法はどこかに必ずあるはずだ。まずは不安要素をピックアップして、少しずつ第一子妊娠に向けて準備を進めていきたい。

終わりに

もっともっと細かく、やりたいことは多くあるけれど、以上のことを最優先で2017年に取り組んでいきたい。 2017年の年末には、1年でこれだけ成長したぞ!というエントリーが書けると信じて!

AsanaにTrelloのようなボード機能が追加されてたのでさっそく試してみた

Webサービス タスク管理

いつの間にかAsanaに「Trello」のようなボード機能が追加されていた。

thebridge.jp

 

これは試さない訳にはいかない!ということで、さっそくこの新機能を試してみた。

 

f:id:saketobaaa:20161121223032p:plain

いつものようにプロジェクト欄から新規プロジェクトを作成。すると新しく「Board」を選択できるようになっている。

今のところ、一度レイアウトを選択すると変更はできないらしい。なので、今まで作ってあるプロジェクトはボード式レイアウトにすることはできない。

 

f:id:saketobaaa:20161121232148p:plain

「Create Project」をクリックするとプロジェクトが作成されるので、そのまま「Add Columns」をクリックしてカラムを作っていく。

 

f:id:saketobaaa:20161121232410p:plain

f:id:saketobaaa:20161121232516p:plain

Trelloのようにサクサクとカラムを作ることができる。すごい、Trelloだ。

 

f:id:saketobaaa:20161121232617p:plain

タスクの作成は各カラムの「+」ボタンから。TrelloのようにEnterキーで連続入力が可能。

 

f:id:saketobaaa:20161121232727p:plain

タスク詳細を開かないままだと「Assign」と「Date」のみ編集可能。

 

f:id:saketobaaa:20161121233011p:plain

タスクをクリックするとタスクの詳細画面が表示される。リスト式レイアウト時は画面右にニョキッと出ていた詳細画面は、Trelloと同じくポップアップ式で表示されるようになっている。

 

f:id:saketobaaa:20161121233152p:plain

タグも今まで通りつけることができるが、これまたTrelloのように、カラム上ではただのカラーバーとして表示される。一応オンマウスでタグ名称は表示されるけど、やっぱりぱっと見で分かるようになってほしいなあ。

 

f:id:saketobaaa:20161121233415p:plain

先程のタスクにもう一つプロジェクトを追加したらどう表示されるのかなーと試したらこうなった。たまたま同じような色のタグとプロジェクトを充ててしまったが、違いが何もなくて困惑。

感想

正直Asanaにこのボード機能がつくとは思ってなかった(というかこういう動きがあったのをチェックしてなかった)から、今回の実装には心底驚いたし感動した。

ボード式では、まだ複数タスクの選択ができなかったり、ソート機能がなかったり、繰り返し設定しているタスクを完了させても画面から消えなかったり(ソートの「All Tasks」と同じ表示状態)、Togglボタンが表示されなかったりと少し不便なところもあるが、今後のアップデートに期待したい。

Asanaの「タスクに複数のプロジェクトを設定する」機能を使った献立管理方法

Webサービス

私が思うAsanaの一番の魅力は、1つのタスクに複数のプロジェクトを設定できることだ。
この機能が意外と、1週間の献立を管理するのに最適だった。今日は私が行っているその管理方法を書く。

関連記事

saketobaaa.hateblo.jp

まずは「レシピ」と「献立」の2つのプロジェクトを作成

まず最初に「レシピ」と「献立」という名前のプロジェクトを作成する。 f:id:saketobaaa:20161027130359p:plain

「レシピ」には、自分が作れる・作りたい料理名をだだだっとリストアップしていく。「肉料理」「魚料理」など見出しで区切っておくと見やすい。 f:id:saketobaaa:20161027130415p:plain

「献立」には、月〜日までの見出しを作成する。 f:id:saketobaaa:20161027130424p:plain

プロジェクトの名前は、それぞれの役割が分かれば別に何でも良い。私は「レシピ集」「今週の献立」にしている。

「レシピ」から「献立」にタスク(料理名)を移す

それぞれプロジェクト内にリストができあがったら、これで管理するための準備が完了した。

1週間何を作ろうかと考えながら、「レシピ」から「献立」にタスク(以下、料理名)を移していく。

この時に間違えないでほしいのが、「レシピ」から「献立」に料理名をドラッグするのではなく、プロジェクト欄の「献立」を料理名にドラッグするのだ。 f:id:saketobaaa:20161027130500g:plain

こうすることで、料理名という名のタスクを「レシピ」プロジェクトから全く動かすこと無く「献立」プロジェクトに設定することができる。

また、別の方法(複数まとめて設定したいときなど)として、以下の方法もある。

料理名を選択→サブメニューの「Edit Projects」→「+」マーク→検索窓から「献立」を選択(スペースキー押すと候補が出る) f:id:saketobaaa:20161027130520g:plain

移した料理名を振り分ける

あとは、移した料理名を各曜日の見出しの下に振り分けていく。

これで1週間の献立ができあがる。

1週間終わったら/「献立」内を空に戻す

1週間終わり、また次週の献立を考え直す、となった際に「献立」内を空に戻す方法。

「レシピ」から移してきた料理名を全て選択(Shiftやドラッグで複数まとめて選択できる)。間違って曜日の見出しを選択しないように注意。

サブメニューのプロジェクト欄にある「献立」を「☓(Remove Project)」マークで消す。f:id:saketobaaa:20161027131222g:plain

これで完了。

以上が献立管理を行うための全行程だ。文字で書き出すと工程が多いように思えるかもしれないが、実際やってみると非常に少ない手間で簡単に管理できる。

番外編:その他やっておくと便利なこと

「買い出し」プロジェクトを作って買うものも管理

新しく「買い出し」プロジェクトを作り、できあがった「献立」を見ながら必要な材料をリストアップする。

こうすることで買い忘れや買いすぎを防ぐことができ、しかも1週間分まとめての買い出しも可能になる。

まあこれは別のアプリや紙で管理してもいいんだけどね。

料理名の「Description」に材料や作り方も書いておく

料理名を選択すると出て来るメニュー内に「Description」という欄がある。簡単に言えばメモ欄だ。

そこに「材料」と「作り方」も書いておけば、買い出しリストを作るときにも材料を確認できたり、キッチンでレシピ本を広げたりしなくてもよくなったりと何かと便利。家族とAsanaを共有すれば、代わりに作ってくれる・・・かもしれない。

一度お試しあれ。

来年の手帳会議 来年は「ジブン手帳Biz」に決まりそう

ライフログ 雑記

来年の手帳がずらりと並び始め、皆吟味し始めるこの季節。
私も、来年持つ手帳について一人会議をしてみた。

今年の「ほぼ日手帳カズン」の使用感はどうだったか

まずは、今年の私のほぼ日手帳について振り返る。

1日1ページの方は、やはり続かなかった。4月まではほぼ毎日書いていたのだが、その後仕事が忙しくなり、あっという間に書かなくなった。また、書いていない分なんだかプレッシャーを感じてしまい、手帳を開く気分が重くなる。

週間バーチカルページも相変わらず模索ばかりが続き、こちらもほぼ白い。が、なんだかこのページは好きだ。

逆に継続して使っていたのは月間カレンダーと年間インデックス。
机の上で月間カレンダーページを開いたままにしておき、すぐに予定の書き込み・確認ができるようにしている。年間インデックスは、習慣づけたいことのチェックリストや体重などの健康管理に使っている。

結論:1日1ページは私には不要だった。最低ラインとして月間カレンダーと1年を一望できる書き込みページがあればいい。

来年の手帳を選ぶにあたって、手帳に必要な条件は何か

来年からはまた別の手帳を持つことになりそうだ。
そこで、来年の手帳を選ぶにあたり、私が必要とする条件を書き出してみる。

  • 1日1ページではない
  • A5サイズ(多少変形も可)
  • 方眼
  • 年間インデックスのようなページがある
  • ノートのようなページはあまりいらない
  • なるべくシンプルなデザイン
  • できればリストを作れるようなページがほしい(Todoリストではなく、やりたい100のことリストなどを簡単に作れるようなページ)

以上を踏まえて、手帳ラインナップの海から「これだ!」という手帳を探していった。

条件にピタリと合った「ジブン手帳Biz」

手帳を紹介するネットの記事の中に「ジブン手帳」の文字を見つけて、「ああそういえばそういうのもあったなあ」と思い、何気なしに検索した。

一昨年、店頭やネットでも一応調べてはいたけれど、あの角いデカフォントとカラフルな感じがあまり好きではなくスルーしていた。

が、今年からラインナップにビジネスシーンでも使いやすいようデザインされた「ジブン手帳Biz」が発売されたのだ。

www.kokuyo-st.co.jp

ノーマルより絶対こっちの方がいいわーガントチャートとか素敵だわー

ということで、一気に第一候補にまで上り詰めたのだった。

手帳カバーと厚さが合わない問題を、ノートを一緒に閉じる形でカバー

1つだけ重大な問題があった。

私が今カズンで使用している手帳カバーは、カズンのサイズに合わせて作られたカバーだ。夫にプレゼントしてもらったものであり、名前も印字されているし何よりデザインが気に入っているため、このカバーは継続して使いたかった。

が、ほぼ日カズンとジブン手帳では明らかに厚さが違う。しかも、ジブン手帳は少しスリムにできているためもうガバガバになることは明らかだ。

さすがにその状態で使うのも・・・と思っていた矢先、私が手帳以外にA5サイズのノートを持っていたことを思い出した。しかもノーブルの200P。

文具・紙製品のライフ株式会社

今はこのノートにアイデアやメモを走り書きしている。

この2つを合わせて閉じればカズンと同じくらいの厚さになるんじゃね?と気がついた私は、早速シュミレーションを行う。

うん。思った通りちょうどカズンと同じ厚さだ。

来年は、「ジブン手帳Biz」で日々の記録を、「ノート」で日記やアイデアの記録をする

どうにも、ほぼ日はあの「1日1ページ」というフォーマットが合わなかったのかもしれない。
どこから書き始めても良い、1日1ページも書かなくていい、隣のページに矢印を引っ張って続きを書いてもいい、そんな自由なフォーマットなノートが性に合っているようだ。

それに加えて、引き続き日々の記録を助けてくれるジブン手帳。

この手に持ち、記録を始めるのが楽しみだ。

会社を辞めたあとの1日のスケジュールを書いてみる

雑記

最終出勤日も滞りなく終わり、「出社しない」という生活にも少し慣れてきた。
ちょうど出勤が終わる頃に今月分の仕事を納品し終えたので、今月の残りはもうフリー状態。喜ぶべきかわからないけど、ヤッタネ!

なので、会社を辞めたあと1日何をしているのか、スケジュールを書き出してみる。

・・・一応まだ退職扱いにはなっていないんだけど、もう「辞めた」表記でいっか。

7:30〜8:30 起床

朝ごはんを食べたり、洗濯機を回したり、SNSやメールをチェックしたりしながら徐々に体を目覚めさせる。低血圧なのでなかなか体が起きない。

9:00〜 活動開始

その日の中で1番重要な物事に取り組む。
仕事があれば仕事を、なければ新しく絵を描いたり、メールに返信したり、調べ物をしたり。
重要なことを先に終わらせておかないと、その後ずっとそわそわして落ち着かない性格なので、必ず午前中に最重要項目に取り掛かる。

洗濯が完了したら合間に干す。

12:00〜13:00 お昼ごはん

昨日の晩ご飯の残りや適当に作ったご飯などを食べる。
お腹が空いてなかったり、冷蔵庫に何もなければ食べなかったりする。

〜17:00 再び作業

終わらなかった作業などがあれば再開。コーヒーを飲みながら頑張る。
この時間来は集中力が切れて疲れが出てくる。特に目と肩がイカれてくるので、ゲームをしたり掃除をしたり本を読みながら時折体を休ませる。

17:30〜19:30 晩ご飯作り&夫帰宅で一緒に晩ご飯

晩ご飯を作り始める。
18:30頃に帰宅した夫と一緒に晩ご飯を食べる。

〜23:00 フリー

食器を片付けたり(ほとんど夫がやってくれるけど)、ウォーキングに行ったり、お風呂に入ったりしながらまったり過ごす。
生産的なことはほんど何もしてない。

23:30〜 就寝

7〜8時間は寝ないと日中辛いので早めに就寝。

こんな感じでゆるーい生活をしている。

日中家にいるようになって、気持ちに余裕ができたことを実感する毎日だ。
やることがほとんど無いのに8時間会社に拘束されたり、会社から帰ってきて慌てて晩ご飯の支度をしたり、毎日わずかな時間で仕事したり、そのおかげで自分の創作活動の時間が取りにくかったりということが無くなっただけで、かなり気持ちに余裕が持てるようになった。

家を綺麗に保つことができる、日中絵を描いていられる(仕事だとしても)、ゆっくり晩ご飯の支度ができる、それがとても嬉しい。

この生活リズムを今後も継続できるかは正直わからない。けれど、継続できるよう努力をしていこうと思う。

退職が決まった

雑記

10月半ばに退職することになりました。という近況報告。

実際は、余ってた有給使いまくって9月半ばで出社は終わり。なのであと数日しか出社しない。
10月には開業届も出し、フリーランスとして活動を開始する予定だ。

正直、先々の仕事の目処はあんまり立ってなかったりする。1、2ヶ月前になりぽんと仕事で埋まる、ということが常なため、まだ11月以降のスケジュールは埋まっていない。

とりあえず時間に余裕はできるので、ポートフォリオや名刺用のイラストを描いたり、取引先に挨拶がてらお仕事を頂けないか連絡してみたり、イラコンに出してみたり、勉強したり・・・と、できるところからやっていこうと思う。

収入面の不安、将来の不安、色々抱えたままだけど、この選択が間違いではなかったと思えるように、仕事に打ち込んでいこう。