読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さけとばろぐ

ライフログやお絵かきのことなど なんでも雑多に

Slackを毎日のライフログの場として使う

f:id:saketobaaa:20151221220917p:plainSlack公式ページより)

Slackを使い始めたら、思いの外ハマりそうなのでメモがてら記事にする。

Slackというサービスの名前は前から知ってはいたけれど、どんなサービスなのかは全く知らなかった。周りに使っている人もいないし、ツイッターのTLでも見かけなかったので、たまにIFTTTでレシピを作るときにアイコンを流し見するだけ。

そんな時、たまたまこちらの記事を目にしたことで興味がわいた。

非エンジニアがSlackを使い始めて1ヶ月経ったのでその使い道をまとめてみる - ごりゅご.com

ふむふむSkackってメッセージのやりとりがメインなコミュニケーションツールだったのかー憧れるけど旦那はこういうの使わないし、会社でも導入する気配無いしで私にはあんまり関係ないツールだったかなー

と思いながらも、もう少しSlackについて調べてみようと検索検索。
すると、Slackをお一人様で使っている方もちらほらいることが判明。

ぼっち Slack チームでチャネルをタイムライン型ノートにしよう - nDiki

一人(ぼっち) Slack したいので簡単に調べて試してみた - shouhの日記

「自分に関する情報や興味のある事柄をSlackに集めて、自分専用のタイムラインとして使う」らしい。

お、これならぼっちな私にぴったりじゃないか!活用できそうだぞ!ということでさっそく登録してみることに。

Slackはアクティブユーザー数が多く、様々な企業にも導入されているサービスなだけあり、IFTTTZapierなどの連携サービスにもアクションが構えられている。おまけにSlack内にも外部サービスとの連携機能が備わっている。もうそれはそれは連携し放題。

これらを駆使すれば、いたるところから情報を引っ張ってこれそうだ。

Slackを使い始めて3日目。まずは「#dailyreport」という名のチャンネルを作り、そこに色々な情報を集めてみることにした。
今はSlack内部IFTTTZapiermy Thingsの4つのサービスでアクションを作り、ほとんどの情報を、以下のタイミングで「#dailyreport」チャンネルに流れるようにしている。

Slack

  • Googleカレンダーに予定が追加されたら・予定開始時間近くになったら・予定が更新されたら
  • Twitterに自身がツイート(リプライやRTも含める)したら

IFTTT

  • スプラトゥーン公式Twitterアカウント、スプラトゥーンステージ情報botアカウントがツイートしたら
  • Todoistでタスクを完了したら
  • Instagramに自身が投稿したら

Zapier

  • このブログを更新したら

my Things

  • はてなブックマークでブックマーク数9以上の記事(これは#newsという別のチャンネルに設定している)

これで、1日のライフログが自動的に溜まっていくことになる。なんと素晴らしい。

この「#dailyreport」チャンネルには、この他にも適当なつぶやきや、仕事のメモや進歩状況の記入、睡眠記録アプリの記録結果画像のアップなども行っている。

このぼっちTLを見れば、1日の行動や記録を振り返ることができるため、前回書いた「毎日記録をつけるためのシステムが不完全だった」部分を補えるかもしれない。

まだ使い始めたばかりなのでこれから右往左往すると思うが、少しずつ自分なりの使い方を確立させていきたい。