読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さけとばろぐ

ライフログやお絵かきのことなど なんでも雑多に

Togglによるタイムトラッキングで自分の時給を知る

Togglを使って仕事の作業時間を計測すると、自分の時給やキャパがはっきりと見えてきた。

Togglとは

Toggl - Free Time Tracking Software

デスクトップ、ブラウザ、AndroidiPhoneなど、様々な環境で使えるタイムトラッキング(時間計測)ツール。ボタン1クリックで計測開始、またボタン1つで計測終了という超カンタン操作で、自分が何にどれくらい時間を費やしたかを計測できるすぐれもの。

Chrome拡張機能を入れると、Todoist、Gmail、Wunderlist、Trello、Asana、Googleカレンダーなど、ありとあらゆるWebサービスと連携して更に効率よく計測ができる。

Toggl Button: Productivity & Time Tracker - Chrome Web Store

作業時間を計測して時給を割り出す

基本的に案件毎にプロジェクトを作成して計測していく。私は制作管理をAsanaで行っているので、TogglからではなくAsanaから計測の開始・終了を行っている。こういった外部サービスからの計測だど、タイトルが自動的に入力されるから便利。

後から振り返った時のために、ラフ・線画・彩色・修正と段階を細かく分けて計測したりもしているが、面倒だったり別に必要ないわって場合は細かく計測する必要はないと思う。ボタンを押すことさえ忘れなければOKなんだから。

そうして計測を進めていき、最終的に1案件にどれくらい時間がかかったかを「Reports」から確認する。
月をまたぐような案件なら、初期表示の「This Week」を「This Year」にしたり、カレンダーで案件開始日~今日までを選択すればトータルの時間が表示される。

あとは、報酬額をこの時間で割ればカンタンに時給を算出できる。

算出した後の時給は、ExcelGoogleスプレッドシートで管理するもよし、Togglの有料会員になって時給を管理・計算してもらうもよし。(私は有料会員ではないのでどんなものか分からないけど・・・) 私はGoogleスプレッドシートを使って、案件全体の概要と共に管理してる。

時給を算出して見えてきたもの

少なくとも会社よりは高かった。約2~3倍。
同じような作業量の案件8件分を計測してみたところ、平均して作業時間は21時間ということが分かった。
自分の感覚では+10時間くらいかかっているだろうと思っていたので、これは嬉しい誤算でもある。が、時給アップをはかるためにはまだまだスピードアップしなきゃなのかーと苦笑い・・・

まあともかく時給の平均値も分かったため、制作料を設定する際に大いに役立つことになるだろう。今まで、結構なんとなくで決めてたんだよね・・・
基本となる時給と作業時間が分かれば、月にどれくらいの件数をいくらで請ければいいのかの指標になる。スケジュールも組みやすくなるし、手当たり次第仕事を請けまくってキャパオーバーなんてことも防げそう。

おわりに

自分の時給を知るのは、自分の腕だけで食ってくフリーランスにとってはすごく大事なことだと思う。現状を正確に把握でき、今後の仕事への姿勢やモチベーションにも直結する。今回はそれがはっきりと見えたので大収穫。

今後は、作業のスピードアップを優先的に行い、より多く実績を作って単価を上げる方向に持って行こう。