さけとばろぐ

ライフログやお絵かきのことなど なんでも雑多に

会社を辞めたあとの1日のスケジュールを書いてみる

最終出勤日も滞りなく終わり、「出社しない」という生活にも少し慣れてきた。
ちょうど出勤が終わる頃に今月分の仕事を納品し終えたので、今月の残りはもうフリー状態。喜ぶべきかわからないけど、ヤッタネ!

なので、会社を辞めたあと1日何をしているのか、スケジュールを書き出してみる。

・・・一応まだ退職扱いにはなっていないんだけど、もう「辞めた」表記でいっか。

7:30〜8:30 起床

朝ごはんを食べたり、洗濯機を回したり、SNSやメールをチェックしたりしながら徐々に体を目覚めさせる。低血圧なのでなかなか体が起きない。

9:00〜 活動開始

その日の中で1番重要な物事に取り組む。
仕事があれば仕事を、なければ新しく絵を描いたり、メールに返信したり、調べ物をしたり。
重要なことを先に終わらせておかないと、その後ずっとそわそわして落ち着かない性格なので、必ず午前中に最重要項目に取り掛かる。

洗濯が完了したら合間に干す。

12:00〜13:00 お昼ごはん

昨日の晩ご飯の残りや適当に作ったご飯などを食べる。
お腹が空いてなかったり、冷蔵庫に何もなければ食べなかったりする。

〜17:00 再び作業

終わらなかった作業などがあれば再開。コーヒーを飲みながら頑張る。
この時間来は集中力が切れて疲れが出てくる。特に目と肩がイカれてくるので、ゲームをしたり掃除をしたり本を読みながら時折体を休ませる。

17:30〜19:30 晩ご飯作り&夫帰宅で一緒に晩ご飯

晩ご飯を作り始める。
18:30頃に帰宅した夫と一緒に晩ご飯を食べる。

〜23:00 フリー

食器を片付けたり(ほとんど夫がやってくれるけど)、ウォーキングに行ったり、お風呂に入ったりしながらまったり過ごす。
生産的なことはほんど何もしてない。

23:30〜 就寝

7〜8時間は寝ないと日中辛いので早めに就寝。

こんな感じでゆるーい生活をしている。

日中家にいるようになって、気持ちに余裕ができたことを実感する毎日だ。
やることがほとんど無いのに8時間会社に拘束されたり、会社から帰ってきて慌てて晩ご飯の支度をしたり、毎日わずかな時間で仕事したり、そのおかげで自分の創作活動の時間が取りにくかったりということが無くなっただけで、かなり気持ちに余裕が持てるようになった。

家を綺麗に保つことができる、日中絵を描いていられる(仕事だとしても)、ゆっくり晩ご飯の支度ができる、それがとても嬉しい。

この生活リズムを今後も継続できるかは正直わからない。けれど、継続できるよう努力をしていこうと思う。