読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さけとばろぐ

ライフログやお絵かきのことなど なんでも雑多に

Asanaの「タスクに複数のプロジェクトを設定する」機能を使った献立管理方法

Webサービス

私が思うAsanaの一番の魅力は、1つのタスクに複数のプロジェクトを設定できることだ。
この機能が意外と、1週間の献立を管理するのに最適だった。今日は私が行っているその管理方法を書く。

関連記事

saketobaaa.hateblo.jp

まずは「レシピ」と「献立」の2つのプロジェクトを作成

まず最初に「レシピ」と「献立」という名前のプロジェクトを作成する。 f:id:saketobaaa:20161027130359p:plain

「レシピ」には、自分が作れる・作りたい料理名をだだだっとリストアップしていく。「肉料理」「魚料理」など見出しで区切っておくと見やすい。 f:id:saketobaaa:20161027130415p:plain

「献立」には、月〜日までの見出しを作成する。 f:id:saketobaaa:20161027130424p:plain

プロジェクトの名前は、それぞれの役割が分かれば別に何でも良い。私は「レシピ集」「今週の献立」にしている。

「レシピ」から「献立」にタスク(料理名)を移す

それぞれプロジェクト内にリストができあがったら、これで管理するための準備が完了した。

1週間何を作ろうかと考えながら、「レシピ」から「献立」にタスク(以下、料理名)を移していく。

この時に間違えないでほしいのが、「レシピ」から「献立」に料理名をドラッグするのではなく、プロジェクト欄の「献立」を料理名にドラッグするのだ。 f:id:saketobaaa:20161027130500g:plain

こうすることで、料理名という名のタスクを「レシピ」プロジェクトから全く動かすこと無く「献立」プロジェクトに設定することができる。

また、別の方法(複数まとめて設定したいときなど)として、以下の方法もある。

料理名を選択→サブメニューの「Edit Projects」→「+」マーク→検索窓から「献立」を選択(スペースキー押すと候補が出る) f:id:saketobaaa:20161027130520g:plain

移した料理名を振り分ける

あとは、移した料理名を各曜日の見出しの下に振り分けていく。

これで1週間の献立ができあがる。

1週間終わったら/「献立」内を空に戻す

1週間終わり、また次週の献立を考え直す、となった際に「献立」内を空に戻す方法。

「レシピ」から移してきた料理名を全て選択(Shiftやドラッグで複数まとめて選択できる)。間違って曜日の見出しを選択しないように注意。

サブメニューのプロジェクト欄にある「献立」を「☓(Remove Project)」マークで消す。f:id:saketobaaa:20161027131222g:plain

これで完了。

以上が献立管理を行うための全行程だ。文字で書き出すと工程が多いように思えるかもしれないが、実際やってみると非常に少ない手間で簡単に管理できる。

番外編:その他やっておくと便利なこと

「買い出し」プロジェクトを作って買うものも管理

新しく「買い出し」プロジェクトを作り、できあがった「献立」を見ながら必要な材料をリストアップする。

こうすることで買い忘れや買いすぎを防ぐことができ、しかも1週間分まとめての買い出しも可能になる。

まあこれは別のアプリや紙で管理してもいいんだけどね。

料理名の「Description」に材料や作り方も書いておく

料理名を選択すると出て来るメニュー内に「Description」という欄がある。簡単に言えばメモ欄だ。

そこに「材料」と「作り方」も書いておけば、買い出しリストを作るときにも材料を確認できたり、キッチンでレシピ本を広げたりしなくてもよくなったりと何かと便利。家族とAsanaを共有すれば、代わりに作ってくれる・・・かもしれない。

一度お試しあれ。